© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

Please reload

最新記事

徐選手の泳法分析 100m背泳ぎ 世界新記録レース

November 13, 2018

1/10
Please reload

特集記事

今井月選手のブレストキック

January 31, 2016

 

ブレストキックには、皆さん悩まされているかと思います。

 

 

 

 

 

体質的に、恵まれた選手から、

 

 

努力のたまものとして、ブレストキックを極めた選手がいます。

 

 

1回のキックでより推進力を生み出すことができるとするのが、ブレストの命題でありますが

 

 

柔軟性が高い選手ほど、推進力があるということがいえます。

 

 

その例として、

 

今井月(るな)選手をあげます。

 

 

↓今井選手はこんなに膝の柔軟性が高いといえます。↓

 

 

 

 

 

 ここまで引きつけるとなると、

 

膝関節から、足指先までで面を作り後に水を押し出すことができていることになります。

 

ただ、ここまで曲がるとなると、普段からこのような柔軟性があることが前提となるようです。

 世界水泳の金メダリストである、渡辺選手との比較をしてみても

 

 

 ひきつける角度が違いますね。

 

これによって、足の動く可動域の奥行きができることから、

 

キック自体の推進力(単体)が伸びるといえます。

 

 

 

 

可動域については、生まれつきだけではなく、日々の努力により、

 

広げることが出来ると言われています。

 

 

ということで、皆さんも、是非とも日々のストレッチを頑張りましょう!!

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索