スタートが一直線上に入るコツ 古賀選手分析

練習ではなかなかできませんが、スタート技術はとても重要です。

実際に苦手ですと1秒以上の差が浮き上がりまでのその時点でできてしまいます。

慣れていないと、スタート台を蹴りきれずに腰が抜けて

勢いが弱く、落ちるようなスタートをしている方が少なくないと思います。

古賀淳也選手を参考にしてみますと、スタート台を後ろに蹴るだけではなく、

蹴り終わった後の段階で、足を上に蹴り上げ

上半身の直線上に足を移動させているのわかります。

試合の会場で、試してみてください。

なお、この写真は、facebookの古賀選手のファンページの動画を引用させていただいております。

https://www.facebook.com/junya.koga.1987/?fref=pb&hc_location=profile_browser


特集記事
最新記事