星選手のバタフライグライド技術

バタフライは、いかに省エネで泳ぐかが大切になります。

今回は、世界水泳金メダリストの星選手を参考に解説をします。

浮き上がり動作から。

全身で浮力を駆使し、見事なストリームラインを作っていますね。

ストロークをする際にも、上の画像と腰の位置が変わらないという点が

ポイントであります。

リカバリーをしたあとの、グライド姿勢です。

指先にまでしっかりと気を使って泳いでいますね。

ただ、指先が進行方向に向かっており、

下に傾斜したりしていないということにも着目してみると

グライドするということは、

体重を指先の方へより傾けるということが良いというわけではなさそうですね。

グライドをする際には、胸の位置がお尻よりも、深く入水することが大切で

星選手は、この動作をしても

次の動作に支障がないという点が強みではないかと思います。


特集記事
最新記事