ブレストターン技術

ジュニアスイマーでターンを苦戦している子は多いです。

特にブレストのターン、後半勢いがなくなってきたときにうまくいかず

失速をする子を多くみかけます。

今回参考にするのは、渡辺選手、北島選手、ジェシカハーディー選手、森隆弘さんです。

ポイントは、

①タッチしたときの肘の使い方

②体を立てるタイミング

です。

渡辺選手は、

①肘が伸びた段階から、体の流れを利用し、だんだん体を近づけていき

肘が自然と曲がっています

②タッチが比較的近いことからか、体を立てるタイミングは、両手がついた段階と比較的速いです。

次に、北島選手です。

①については、渡辺選手と同様です。

②については、視線と、顔の向きは両手タッチの段階で壁側を見ていますが、左手が離れてから、体が立つようです。

次に、ジェシカハーディー選手です。

①まがっていますね

②明らかに意識をして、顔の向きを下に向いてから、左手が離れる段階に、素早く上から回っている

 縦回転のロールターンという感じに見えます。

 この際に、ひざが小さく運んできているのも、注目ですね。

最後に、現在では指導者として活躍されております。森さんのターンについてみます。

注目ポイントだけ。

下の写真により、左手が明らかに先に離れてから、体が立つということがわかりますね。

<まとめ>

4名の選手をみますと、

①肘を曲げて、体を壁に近づけてから回ること

②からだを立てるのが早くなりすぎないこと

を気をつけて、ブレストターンを行っていきましょう!!

以上です。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。