ライアンロクテ選手のクイックターンの技術

今回は、ライアンロクテ選手のターンの技術について、触れたいと思います。

まずは、ターンをする前の動作について

回る際に、ストロークと同時に頭を下げるのではなく、

必ず気をつけになってから回ります。

最後のストロークを書きながら、回る方もいますが

それだと壁までの距離感が近くなってしまい

他の人よりもより多い距離を泳ぐことになってしまいます。

1ストローク多いということは、スピード競技においては致命傷ですね。

次に、ターンの際の腕の使い方です。

下の画像を見てください。

腕をお尻の後まで持ってくる方もいるかと思いますが、

回った後には、ストリームラインをとるさいに、腕を頭上まで戻しますよね。

お尻の後までもっていってしまうと、時間もかかりますし

抵抗も作ってしまうために、非効率的なターンとなってしまいます。

ではどうするべきか。

下の画像のように、頭を下げた後に、足を壁側にもってきますよね。

その足の動作をやっている際に、手の向きを顔の方に変えて、勢いを付けるのが一番いいですね。

そして、ロクテ選手らしい技術をご紹介します。

下の画像を見てください。

これは、バックのターンではありません。

フリーのターンです。

ターンをした際に、横に90度オーバーのひねりを入れて回るのが通常ですが

蹴ってから、回転をしているのがわかるでしょうか?

私もこれは試してみましたが、

姿勢をキープしつつ、ドルフィンキックを打つのがとてもやりやすいんですね。

ロクテ選手は後に、フリーでもドルフィンではなく、バサロキックをするようになるのですが

バサロキックが苦手な方は、是非ともこの技術を参考にしてください。


特集記事