© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

Please reload

最新記事

徐選手の泳法分析 100m背泳ぎ 世界新記録レース

November 13, 2018

1/10
Please reload

特集記事

競技パフォーマンスに対する自重トレーニングの効果

December 15, 2016

 

1、自重トレーニングとは

自重トレーニングをプライメトリックトレーニング(以下、PTという。)を言うのですが

自体重で爆発的なレジデンスエクササイズのカテゴリーで、

主にスピード、パワーの増大を目的に、筋肉の伸張反射を用いて

さらに大きな筋肉を発揮することに焦点を当てたトレーニングです。

水泳では、主にPTを行うことよってスタート・ターン局面での下肢部位動作が改善されることにより

競技パフォーマンスが向上するデータが出ています。

それは、ストレッチショートニングサイクル(SSC)という短縮性筋活動

の適切なトレーニングを行うことによる生理学特性の改善が達成できるからです。

 

2、パフォーマンスの違いについて

スタート局面でのタイム短縮 

5,5m泳力 -0.38改善

スタート離地から着水まで -0.12改善

 

3、トレーニング

<トレーング例> 走り幅跳び、立ち幅跳び、垂直跳び、スクワットジャンプ

         ※特に、走り幅跳びが効果があるというデータが出ています。

<回数>接地回数が全300回以上

    ※他競技と比べると低強度で最も多量のトレーニングが必要となります。

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索