© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

Please reload

最新記事

徐選手の泳法分析 100m背泳ぎ 世界新記録レース

November 13, 2018

1/10
Please reload

特集記事

男子400mフリー決勝 第12回ドーハ世界短水路選手権

December 9, 2016

韓国のパーク選手が優勝しました。

 

以下トップ選手のターンインしたスプリットタイムです。

24.77

52.28

1`19.74

1`47.04

2`14.47

2`41.66

3`08.81

3`34.59

 

24秒〜25秒の入りから、26秒~28秒のラップを刻んでます。

 

4フリなので特徴としては、

 

①キャッチアップに近い泳法で上記ラップを刻んでいる

 

②ストロークは長いのですが、3ビートでクロスキックを入れている選手が多い

 

 

 

 

 短水路なため、ターン技術が泳力と同様に重要なポイントとなってきます。

 

パーク選手は途中でトップから落ちますが、ターンインの距離感で追いついていきます。

 

そのため、泳力での余力を残すことができ、ラストスパートをかけることができるんですね。

 

日本では、短水路の大会が多いため、ターンの練習が不可欠であることがわかります。

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索