© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

Please reload

最新記事

徐選手の泳法分析 100m背泳ぎ 世界新記録レース

November 13, 2018

1/10
Please reload

特集記事

リオ五輪 男子200m平泳ぎ 決勝レース

August 11, 2016

渡辺選手は、セミファイナルのタイムがオリンピックレコードでありました。

そのため、日本勢の活躍が非常に期待されたレースでした。

結果としては、0.5秒内に6名もひしめく混戦で、

メダルを逃した本当に惜しいレースでした。

 

渡辺選手は、後半に伸びてくる選手ですが、

セミファイナルと違い、決勝では、自分のレース展開ができてなかったように思えます。

そのため、ラストの50mが泳ぎが小さくなっていました。

特に、150~175mのエリアでの力みが、ラスト25mの混戦勝負に敗れてしまったのかもしれません。

 

小関選手は、普段通りのハイペースでのレース展開をしていましたが、

ラスト10mで足が入らなくなってしまっていましたので

そこでいけていれば、金メダルだったのかもしれません。

 

おふたりとも非常に惜しいレースであったと思います。

平泳ぎは特に、レース展開が非常に大切な種目です。

自分のペースで泳ぐこと、これを守りきれる選手が結果を残しやすいです。

明日の女子の平泳ぎを期待しましょう!

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索