© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

Please reload

最新記事

徐選手の泳法分析 100m背泳ぎ 世界新記録レース

November 13, 2018

1/10
Please reload

特集記事

短水路攻略法

August 5, 2016

短水路に圧倒的な力をみせている選手といえば、

 

水中動作の神、ライアンロクテ選手です。

 

短水路のレースで大会記録をバンバン出しているんです。

 

 

ロクテ選手から気がつく、短水路に強い選手の特徴をお伝えします。

 

 

<長水路との相違>

 

①ターン

ジュニア選手は練習不足のせいか、これが苦手な選手が多いかと思います。

しっかりと練習をしてみましょう。

これについては、以前に、ロテク選手のターンでお伝えしていますので参照してみてください。

 

②壁を蹴る回数

見落としがちですが、壁を蹴って進む距離はそれぞれ異なります。

ロクテ選手は体格が良く、蹴りの推進力が高いことが動画からもわかると思います。

ジュニアの選手はターンを急ぐあまり、しっかりと壁が蹴られない選手が多いです。

速く回ることも大切ですが、壁をしっかりと蹴ることを意識してみましょう。

この点については、体重が重い選手の方が優位性があります。

 

③水中動作

練習していないせいで、得意とする選手が少ないのですが、

この部分が強いと圧倒的に優位性があります。

是非とも練習をしましょう。

この点については、ロクテ選手のバサロキック、フェルプス選手のドルフィンキックを

参考にしてください。

以前の記事に、取り上げています。

 

最後に

④泳ぐ距離

①〜③によって、相対的に④が減ることになります。

特に泳力に強みがある方にはタイムの変動が少ないかと思います。

 

<練習の取り組み方>

水泳は遅筋に移行しやすいため、壁を蹴る瞬間や無酸素運動となる水中動作のときが

速筋を鍛えるチャンスになります。

練習量が多いスイミングの選手は特に意識をして、練習に取り組んでみてください。

大きな大会でない限り、多くの大会は短水路で行われます。

まずは短水路から攻略しましょう!

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索