リオ五輪アメリカ代表選考会 200mFLYフェルプス

200mFLYの世界記録保持者、フェルプル選手が五輪代表を決めたレースを見ると

以前よりもさらに、体が水面上に飛び出すぎないように泳いでいるように見えます。

全盛期よりもリカバリーポジションが下がったように感じます。

水中動作では、水の流れが腰、足の方へながれていっているのが見えます。

キャッチからフィニッシュまでの動作が速いため、空気のバブリングリングのようなものが

写っていますね。

200mということで、動作が伸びやかですね。

レース展開についても参考になるかと思います。

ちなみにですが、

フェルプル選手のタイムは1`54:84

ですが

瀬戸選手の選考会タイムは1`54:14

坂井選手も1`54:21

リオが楽しみですね!


特集記事