ミチェル・ラーキン カザン世界大会レース分析

①キック

入江選手の記事でも書いたように、クロスオーバーキックを使っています。

その意図とは、過去の記事を確認ください。

②プル

ここまで広げても体幹がぶれていないのが素晴らしいところ。

意識して行なっているトレーニングの成果と言えるのかもしれません。

やはり、浅い部分をかいて、水流をできる限り作っているようです。

また、エントリー→キャッチで体を上げるような動作が入っていません。

そして、水中から見ると、そんなに体が起き上がっているようには見えません。

この姿勢で泳ぐためにはどの部位が柔らかくてはいけないのか、明白です。

バサロキックは 、200mにおいては無理をしないで5回程度です。

乳酸のことを考え、スイム動作を優先するとそうなるのかもしれません。

(1)200m 背泳ぎ 

(2)100m 背泳ぎ


特集記事
最新記事