入江選手のキック技術 クロスオーバーキック

背泳ぎの通常のキックが1ストロークに対して6回

1:6

という割合に比較して

入江選手のキックは2回とクロスオーバーキック1回の3回なのです。

クロスオーバーキックとは何か。

それは下の画像でもあるように、足を重ねるようなキックをいいます。

長距離の選手では、よくやっている方がいますが、背泳ぎだと珍しいという。

ですが、選手権などを見るとファイナルに進むにつれ、結構使っている選手は見かけます。

省エネである。という自己分析をしていましたが、私は別の部分の意識があると考えています。

それは、「足の高さの維持」です。

ローテーションをする際の反対足が下がると、抵抗が増えますが

クロスオーバーキックを打てばそのような抵抗が削減できるのではないか。

また、ローテーションをする際に、足同士がぶつかることはよくあることで

それがうまくいってこのような形になったのではないか。

と考えました。

あとは、それぞれの方のイメージ次第です。

試してみる価値はあるかと思います。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。