© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

Please reload

最新記事

徐選手の泳法分析 100m背泳ぎ 世界新記録レース

November 13, 2018

1/10
Please reload

特集記事

背泳ぎの姿勢理論

February 18, 2016

 

背泳ぎのストロークを鏡の前でやってみるとわかると思いますが、

 

手をあげてキャッチの姿勢を取り、手を回すだけでも

 

自然と腰の部分が左右に揺れてしまうんですね。

 

その理由としては、体幹、過伸展と大胸筋、後背筋の柔軟が原因かと思います。

 

 

そこから、さらに水の抵抗があるため、ストロークをすると

 

 

手の力が負けてストロークと反対側に腰部分が揺れてしまいます。

 

 

そのため、体がぶれたり、まっすぐ泳げない不安定な泳ぎとなってしまいます。

 

 

 

古賀選手を参考にします。

 

 

 力強くストロークをしても、ローリングをしすぎず、スムーズにストロークをすることができています。

 

特に、↑の写真のポイントの時(プル動作)に腰の部分が左側にゆれやすくなるのですが、ほとんどまっすぐの姿勢を維持しています。

 

その秘訣としては、①体幹能力②ストローク技術③柔軟性を兼ね備えているからです。

 

 

 

 

 

体幹がくずれてしまうからといって、それが体幹の弱さが原因なだけではないかもしれません。

 

それ以外にも柔軟性、ストローク技術という原因があるかもしれません。

 

 

まずは、鏡を前に背泳ぎのストローク練習をしてみてください。

 

以上です。

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索