スプリントの最適ピッチ理論

「スプリント(短距離)種目はがむしゃらにピッチをあげろ!」

なんて一度は言われたことがあるかと思います。

①手を振り回し、ピッチを最大出力にする

②姿勢を高い位置で維持出来る範囲で、グライドしながらピッチを上げる

泳ぎ比べてみると、②の方が早いことはいうまでもありません。

速い選手をみると、とてつもなくピッチが速いと思ってしまうのですが

それは、自分の泳法をキープできる範囲で、出力をあげているだけなので

試合の際には、自分を見失わないようにしましょう!!

日本新記録を出した池江選手は、他の選手と比べ、

ストローク数が少ないのですが、姿勢が高い位置にキープできており、

上下にぶれずに泳げており、

特に、ブレスをする際にも変化がない点を参考にしてみましょう!


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。