バラフライの第二キック理論

「バタフライは出来る限りフラットに泳げ」

そんなことをよく耳にしますが、本当なのでしょうか?

水面上では、フラットに泳いでいるようにみえて、

水中上では、ダイナミックに泳ぐことが必要なのではないでしょうか?

池江選手の第二キックをみてみますと、

タイミングがかなり遅いように思えます。

これは、姿勢が常に前傾になり、ブレーキをかけずに泳いでいるバタフライを実現している

タイミングなのかもしれません。

なお、前回に載せましたキャッチとの関係もあるかと思います。

皆さんもぜひ、試してみてください。


特集記事
最新記事