ライアンロクテ選手のバサロキック技術

バサロキックといえば、この人でしょう。

ライアンロクテ選手です。

こちらの選手のキックのやり方を見てみましょう。

まずは、アンダーウォーターでの姿勢の取り方について着目をします。

普通のストリームラインの取り方よりも、伸転しているかと思います。

肩甲骨の部分が最深部になっていますが、かかとと、指先の深さは同一になっているのがわかります。

この姿勢をとり、腸腰筋部分から、足を出していきます。

この際に、出来る限り、上半身のブレを少なくすることにより、水中抵抗が増加することを

極力少なくすることができます。

是非この画像を参考にしてください。

このように、ももから、大きく動かすことで、大きな推進力をつくることができます。

実際に、私もこのように行っていますが、この形ができているときは、

推進力が断然に違うということも実証しています。

意識としては、お腹部分から、キックを打つ感じに近いです。

腰が弱い方は、意識しすぎて怪我をしないようにしてください。

この段階では、まだ、膝下は動かしません。

打ち終わった後に、しっかりと姿勢を戻すこと。

姿勢が戻らないと、次のキックがぶれてしまったり、打ち損ないになるため、

とても、大切なポイントになります。

以上の点を気をつけて、繰り返すことで、15mまでのアンダーウォーターを制覇することができます。

では、これらを行うために、どうやって練習するのか。

ストレッチ、ドリル、陸トレ等をレッスンで行っていきます。

その内容を知りたい方は、是非ご相談ください。

ちなみに、ロクテ選手は、50mショートレーン(短水路)でバサロキックだけで泳ぐと20.8秒で泳げるらしいです。

すごすぎますねー


特集記事