バックストロークのスタート技術

今回は、バックのスタート技術について、触れたいと思います。

以前のバックスタートとは

構えた際に、引きつけすぎない。

腰の位置を高くしすぎない。

反り返って、指先から入水する。

というのが基本だったのかと思います。

現代の技術はこちら。

今回は、古賀選手を参考にします。

 理想は、高い位置から上に飛ばず、水面へ一直線上に下降線をたどり入水することが大切になります。

 滑る原因としては、黄色の力と相反して、重力(赤色)が大きくなりすぎるためであります。

 緑色の方向へと動作を行っていきます。

 その際にどのように気をつけるか、解説をします。

<ポイント>

1、バーを持った際に、太ももがお腹の部分にぴったりくっつくようにする

2、足を水面上に出して高い位置に置く

3、背筋を伸ばすこと。

4、腰の位置を水面よりも高くする。

→高い位置から制止時を頂点に、飛ぶこと。

5、頭から、後方へ動かし体が十分に倒れた後、バーから手を離し指先から一直線上に飛べるように壁を蹴る。

次に飛ぶ際の画像をみてください。

高く構えて、上に飛んでしまうと足がずるといってしまうので、

やはり、後に飛ぶことが大切になります。(それでも結構すべると思います。)

肩を後に水平に動かして、頭から動かしていき上への力を少なくします。

視線を飛ぶ方向に見るように、とんで行きます。

それがうまくいくと、スタート局面でのタイム短縮に繋がるかもしれません。

機会がありましたら、試してくださいー


特集記事